iphoneが水没した時の対処方★

この記事は2分で読めます

iPhoneが水没してしまったのオススメ対処法です★

 

水没はデータの破損の原因となる場合が多くあります。

インターネットにはドライヤーで乾かすなど 水没させた時の対処法を載せているサイトが多くありますが、

iPhoneに内蔵されているリチウムイオンバッテリーはほんのわずかな水分でも浸食・腐食が始まり、

最悪、破裂・液漏れ・発火などの事故が起こりかねません(´;ω;`)

 

なので、速やかに修理することをおすすめいたします!

もしも水没・浸水してしまった場合の、 決してやってはいけないことを4つ紹介いたします。

1 水没直後、iPhoneの電源を入れる

水没直後は気が動転して、とりあえず電源を入れてiPhoneが起動するか確かめようとする場合が多いと思います。

しかし、これは絶対にやってはいけないことなのです!

電源を入れてしまうとiPhone内部の金属部品類と水分に通電し化学反応が起き、電源回路がショートしてしまう場合があります。

また、電子回路部分に水分であるイオンが接触することによって酸化が進行し、 サビ発生の原因になってしまいます。

なので、これだけは絶対にやめて頂きたい行動の一つですm(__)m

 

2 iPhone本体へのドライヤーなどでの加熱

これが一番やられている対処法ではないかと思います。

「ドライヤーで乾かしたら復活した」 「こたつに入れたら直った」など

熱によって乾燥させる様々な対処法がインターネットに出回っています。

実際に電源が入った例もあります。

しかし、直ったように見えるiPhoneの内部は、

水と熱により基板が損傷してしまい

結果的には寿命が短くなってしまう可能性があるのです。

 

3 本体内部の水分飛ばすため激しく振る

激しく振ることで内部の水分が拡散、 結果的に水没部分が拡大してしまう行為となりますので、逆効果の対処法です。

また、本体内部で使用している接着剤へのダメージの拡大にもつながります。

 

4 充電しようとする

水没してしまったiPhoneを拭いて、充電し復旧させようとする方がいると思います。

しかし、水没直後のiPhoneの充電やパソコンとのUSB接続は、

電源を入れる行為と同じような現象が起こると思われます。

 

iPhone水没時の応急処置まとめ

、 1.絶対に電源を入れない、充電しない、振らない

2.カバー類はすぐはずす

3.すぐにSIMを抜いて水分をふきとりティッシュにくるんで大事に保管

4.ヘッドフォン端子、Lightningコネクタの水分をティッシュを紙縒りにして吸い取る

5.本体をティッシュでくるんで水分を吸い取る

 

そして修理店に持ち込んでください★

または私のiPhone修理体験講座では

水没の修理もお伝え致します♪

詳しくはこちら⇒iphone修理体験講座★

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。